プロミス 審査

1.家族にキャッシングがばれたくない

プロミスでお金を借りていること
家族に相談してから申込んだのであれば、問題ありません。

 

でも、そうでない人も多いはず。

 

急にお金が必要になったけど、家族にばれずにキャッシングしたい。
たいていの人はそう思っているはずです。
でも、心配はいりません。
いくつかの点を守れば、家族にばれることなく利用することが可能です。

 

 

1-1.自宅へ連絡がこないようにする

 

まず、家族にばれてしまうパターンとして
「プロミスから自宅へ電話がかかってきて、家族が出てしまってばれる」
というパターンが考えられます。

 

電話連絡が必要な場合
通常は自宅ではなく携帯電話に連絡がありますので、心配いりません。

 

ただし、返済が遅れてしまい携帯電話で連絡がとれないような場合は、担当者から自宅へ電話がかかってきます。
あなたが電話に出たのであれば
携帯へかけなおしてもらうことも可能ですが
家族が出ないとも限りません。
また、近くに家族がいたら
電話の様子で怪しまれてしまうかもしれません。

 

こんなことにならないためには
返済日に遅れず返すこと
万が一返済日に遅れそうな時は
事前にプロミスへ連絡することを必ず守って下さい。

 

 

1-2.郵送物が送られてこないようにする

 

実は、家族にばれるパターンとして最も多いのがこれ。
郵送物が送られてきてばれるパターンです。

 

特に審査後、カードの受け取り方法
郵送にしてしまっているケースが多いようです。

 

カードは店舗窓口自動契約機でも受け取りができます。
少し面倒だとは思いますが
郵送されて家族にばれるより、よっぽどましですよね?
必ず自分で取りに行くようにして下さい。

 

また、明細書が自宅に送られてきてしまうこともあります。
これを避けるには、Web明細の利用をおすすめします。
プロミスホームページ上の会員サービスから簡単に設定できますので、是非活用して下さい。
Web明細書を利用しないのなら、プロミスATMか提携ATMを利用しましょう。
明細書はその場で発行されます。

 

あとは、返済に遅れないこと。
返済日を過ぎて利用者と連絡がとれないと
自宅に書類が送られてきます。

2.会社にキャッシングがばれたくない

家族と同様、会社の人にもキャッシングの利用がばれるのは避けたいですよね。

 

連絡事項があれば
メールや携帯電話、自宅へ連絡すればすみますから
「会社にばれることなんてあるのかな?」
と思うかもしれません。

 

では、どんな時にばれる危険性があるのかというと
審査時の在籍確認です。
これは、「申込み者が本当に申告した勤務先に在籍しているかどうか」
を確認するために行われます。

 

 

2-1.勤務先への在籍確認の電話はある?

 

通常、消費者金融の担当者は
審査の際に申込み者の勤務先へ在籍確認の電話をかけます。

 

プロミスも例外ではなく
申込みをすると在籍確認の電話が会社にかかってきます。

 

「この人に返済能力があるか?」を判断する基準の一つとして「勤務先」がありますから、在籍の確認をとるのは当然といえば当然です。
特に、プロミスは正社員かアルバイトか、といった雇用形態よりも勤務先を重視していますので、この在籍確認はキャッシングを利用する上で避けて通ることはできません。

 

 

2-2.在籍確認の電話で怪しまれないために

 

在籍確認の電話がかかってくるといっても
プロミスの担当者は「プロミスですが、○○さんいらっしゃいますか?」
といった聞き方はしませんので安心して下さい。
電話は個人名でかかってきます。

 

それでも電話をとったのが勘のいい人なら、怪しむかもしれません。
そこで、あなたの勤務先の状況に合わせた対応を考えることが必要です。

 

例えば
「何時頃かけてほしい」
「呼び出す際に名前に役職をつけてほしい」
「友人の名前でかけてきてほしい」
など、事前に要望を伝えておきましょう。
そうすれば、担当者はその要望に沿った形で連絡してくれます。

 

かかってくる時間が分かっていれば
自分で電話をとることも可能です。
また、呼び出しの際に役職をつけてもらうことで
取引先からの電話だと思われるかもしれません。

 

それでも不安であれば、言い訳を考えておくことです。
例えば、「保険の営業さんからの電話です」と言えば、
あまり不自然ではありません。

 

確認の電話がかかってくることが分かっているのですから
事前に何かしらできることはあるはずです。
自分に合った対等策を考えてみて下さい。

 

 

2-3.在籍確認の電話を避ける方法

 

それでも会社に電話をかけてほしくない場合
申込み段階でこちらから様々な資料を提出してみるとよいでしょう。

 

例えば、社会保険証
これには会社名が記載されているので
確認電話の代替手段として認めてくれるかもしれません。
また、社員証なども有効です。
これは当然その会社に勤めている人しか持っていないものですから
在籍確認の一つの方法です。
あるいは、給与明細書源泉徴収票なども考えられます。
ただし、給与明細書の場合、パソコンで誰でも作成できるようなものであれば、認めてもらえないと思います。

 

こういった資料を事前に用意して
本人確認書類と一緒に提出することで
勤務先への在籍確認電話が避けられる場合があります。
不明な点は申込む際に相談してみましょう。

3.嫌がりすぎると不審に思われるかも

在籍確認の電話については
担当者と相談し、前もって対策を考えておくことで
会社の人に怪しまれる可能性は低くなります。

 

従って、必要以上に恐れることはないんです。

 

もし、申込みをしてきた人が
極端に確認の電話を避けようとしていたら
担当者はかえって不審に思うかもしれません。

 

そうすると、細かい点まで根掘り葉掘り聞かれてしまい、審査に時間がかかったり、下手をすると審査に落とされることにもなりかねません。
在籍確認というのは
「申告した内容に嘘がないか?」
「この人は信用できる人なのか?」
という点のチェックです。

 

申告した勤務先で本当に働いていて
やましいことがないのであれば
堂々としていましょう。
やむにやまれぬ事情があるのなら
正直に相談するのが一番です。