プロミス 審査

1.金利の決まり方

審査に通って借り入れ枠が決まったら
金利が何%なのか?という点は非常に重要です。

 

現在の法定金利は貸金業法で定められていて
借り入れ額が
10万円未満の場合は20%
10万円超〜100万円未満の場合は18%
100万円超の場合は15%となっています。

 

消費者金融はこの利率を超える設定はできませんので
たいていの場合、上限いっぱいの金利となっています。

 

借り入れをする際には、金利を確認するようにして下さい。

 

 

1-1.プロミスの金利は何%?

 

プロミスを含めた消費者金融でキャッシングを利用する場合
当然ながら融資を受けた分のお金は返済しなくてはなりません。
返済時には利息も合わせて返すことになるのですが
この利息はどのように決まるのでしょうか?

 

プロミスのホームページを見ると、実質年率が4.5%〜17.8%となっています。
これが利息を決める金利になるわけです。
できれば4.5%で借り入れたいところですが、まず無理です。
というのも、初回契約時の金利は通常17.8%になっており
金利が下がるのは滞りなく返済を繰り返し、実績ができてから。

 

初めての借り入れ時は金利が17.8%だと思っておいて下さい。

 

 

1-2.プロミスの金利って高いの?

 

では、プロミスの金利は他の消費者金融と比較して高いのでしょうか?
大手消費者金融のホームページを確認すると

 

プロミス 4.5%〜17.8%
レイク 4.5%〜18.0%
ノーローン 4.9%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
アコム 4.7%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%

 

となっています。

 

一見するとモビットの3.0%〜18.0%が低いように見えますが、そうではありません。
初回契約時の金利は、通常どの消費者金融でも最も高い金利が適用されます。
とすると、プロミスの17.8%は他社より0.2%低いことが分かります。

 

逆に、最も低い金利というのは、利用限度額いっぱいの借り入れが枠が審査に通った場合に適用されます。

 

冷静に考えてみて下さい。

 

初回の申し込み時に限度額いっぱいまで申請して
審査に通してくれる消費者金融があるでしょうか?

 

仮に限度額いっぱいの申請が審査に通ったとします。
プロミスの場合は利用限度額が500万円なので、総量規制を考えると
申し込んだ人の年収は1500万円以上あることになります。
そんな人がキャッシングを利用するとは考えにくいですよね。

 

 

1-3.審査の結果で金利は変わる?

 

プロミスでキャッシングの申し込みをした場合
審査を経て借り入れ枠が決定されます。

 

通常、初回の借り入れ枠はせいぜい50万円がいいところです。
コツコツと返済していくことで実績ができ
借り入れ枠が大きくなっていくのですが
金利についても同じことが言えます。

 

まず、初回の金利は上限いっぱいの17.8%だと考えておいて下さい。

 

その上で、いくら融資を受けるのか?
その際の利息はいくらになるのか?
を計算しなくてはなりません。

 

利息分を含めた毎月の返済額を確実に返していくことで
プロミスから金利引き下げの提案をしてもらえます。

 

審査の結果で変わるのは、初回契約時の借り入れ枠です。
金利は審査結果で変わるのではなく、利用実績によって変わるものです。

2.返済額が心配

キャッシングの審査に無事通り
借り入れ枠が決まって融資を受けたら
次に心配なのは毎月の返済額だと思います。

 

余裕があれば一括で返済することもできますが
たいていの場合は分割で返済していくことになるでしょう。
そのため、分割の回数を決めると月々の返済額が決まるのでが
毎月の返済額を決めてから返済回数を決めることも可能です。

 

プロミスは、最低限の返済額を残高スライド元利定額返済方式によって設定していて、利用者にかかる月々の負担は軽くなっています。

 

 

2-1.利息ってどのくらい?

 

実際に返済をする際、元金と利息を合わせた金額を毎月返済していくことになります。
利息とは、お金を貸してもらった手数料のようなもので
借り入れした金額(元金)に対して利息が何%かかるのかを示したものが金利です。

 

プロミスで融資を受けた場合、利息の計算方法は

 

借り入れ残高×実質年率÷365(日)×借り入れ日数=利息

 

となります。
仮に、10万円30日間借り入れたとして、この数式に当てはめてみると

 

10万円×0.178÷365×30=1463円(小数点以下切捨て)

 

1ヶ月の利息は1463円ということになります。

 

この数式を基に利息を計算し、無理のない返済計画を立てて下さい。

 

 

2-2.返済シュミレーションで計算してみる

 

キャッシングを利用する上で
「借りたお金をいくらずつ、何回に分けて返済するか?」
という返済計画は非常に重要です。

 

借り入れ額によっては数年に渡って返済を続けなければなりません。
実際には、毎月元金と利息の合計額を返済していくのですが
そうすると元金自体は毎月減っていくわけです。

 

プロミスの利息は借り入れ金額(残高)にかかってきますので
元金が減れば利息も下がってくるわけです。
つまり、毎月の返済額は同じでも
利息の割合は返済すればするほど減っていきます。

 

そのあたりの計算は、プロミスのホームページにある
「返済シュミレーション」を使うと簡単に計算できます。
返済計画を立てる際に利用してみましょう。

 

 

2-3.残高スライド元利定額返済方式って?

 

プロミスのホームページを見ると、返済方式が
「残高スライド元利定額返済方式」なのだと分かります。

 

これは、借り入れ残高に応じて、毎月の返済額が増減する方式です。
具体的には、

 

借り入れ残高×※借り入れ残高に対応する一定の割合=返済額
(※借入残高30万円以下:3.61% 30万円超〜100万円:2.53% 100万円超:1.99%

 

という数式で返済額が決定されます。

 

この返済額はあくまで「毎月最低これだけは返して下さい」という金額です。
余裕があれば、それ以上の金額を返済することも可能です。

 

残高スライド元利定額返済方式のメリットは
毎月の返済額が低く抑えられ、利用者の負担が減るという点が挙げられます。
しかし、逆に言うと元金がなかなか減らず
返済が長期化してしまう点がデメリットです。

3.なるべく利息を減らしたい!

同じ返済するなら
「なるべく利息を払わずに返済を終わらせたい」
と重いますよね?

 

お金を借りてすぐに全額返せるのであれば
利息は少なくてすみますが、なかなかそうもいきません。

 

では、利息を最小限に抑えるには
どのような返済方法が有効なのでしょうか?

 

いくつか方法がありますので、順に見ていきましょう。

 

 

3-1.繰上げ返済で利息を減らす

 

最も効果的なのは、繰上げ返済です。

 

要するに、余裕がある時は毎月の返済額より多く返済していくわけです。
そうると、当然元金が減りますから利息も下がる。
利息が下がると同じ金額を返済しても元金返済にあたる割合が増えるため、返済が早く済みます。
そうすることで、余分な利息を払わずに返済することができるわけです。

 

無理のない範囲で「返せる時は多めに返す」ことを心がけると
利息の支払いを減らすことができます。

 

 

3-2.30日間無利息サービスで賢く借り入れ

 

もう一つの方法は
プロミスの「30日間無利息サービス」を利用するというものです。

 

これは、文字通り30日間無利息で借り入れができるサービスです(初回利用に限る)。
期間内であれば、追加で融資を受けても無利息。
また、全額完済して再度借り入れをしても無利息です。

 

申し込み方法はインターネットから
メールアドレスとWeb明細利用を登録するだけ。

 

是非利用して賢く借り入れしましょう。

 

 

3-3.ポイントサービス活用で無利息期間が延長できる!

 

さらに、ポイントサービスを活用すれば
無利息期間の延長ができてしまいます。

 

プロミスのホームページから会員サービスにログインし
ポイント申込ボタンをクリックすれば、登録完了。
提携ATMの手数料無料サービスの他
250ポイント7日間400ポイント15日間700ポイント30日間
無利息サービスを受けられます。

 

しかも、このポイントが簡単に貯まるんです。

 

まず、ポイントサービスに申し込んだだけで100ポイント
次に、収入証明書類を提出すれば160ポイント
これだけで260ポイント貯まります。

 

30日間無利息サービスと併用すれば
合計で37日間も無利息で借り入れが可能です。