プロミス 審査

1.申込み時の注意点

キャッシングを利用するには、申込みをして審査に通らなくてはなりません。
すぐにお金が必要な場合は、申込みに時間をかけず
スムーズに手続きを終わらせたいですよね?

 

それには、いくつかの注意点があります。

 

例えば、必要書類
 
何が必要か分かっていて、事前に準備ができていれば
スムーズに審査まで進めます。

 

その他にもどんな申込み方法があるのか?
など気になることを順に見ていきましょう。

 

 

1-1.まずは必要書類の準備から

 

プロミスでフリーキャッシングの契約をしたい!
では、申し込む際に準備しておくべき必要書類はどんなものでしょう?

 

実は、非常にシンプルなんです。

 

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類(希望の借り入れ額が50万円以上の場合、希望の借り入れ額と他社からの借り入れ額の合計が100万円以上の場合に必要)

 

この2点があれば簡単に申込みができます。
印鑑や保証人、担保は必要ありません。

 

具体的に、本人確認書類とは運転免許証のことです。
運転免許証を持っていない人は、健康保険証パスポートが必要です。
どれかは持っていますよね?

 

次に、収入証明書類ですが、これは源泉徴収票確定申告書
給与明細書(直近2ヶ月分※賞与がある場合は1年分の賞与明細書も必要)のいずれか1点です。
借り入れ希望額が50万円以下で、他の消費者金融からの借金もないのであれば、必要ありません。
ただし、提出するとポイントを獲得でき、提携ATMの手数料無料や無利息サービスなどの特典を受けることができます。
可能であれば提出しておくとよいでしょう。

 

  

 

 

1-2.申込み時の借り入れ希望額は?

 

どうせ申し込むんなら、必要な額より多めに申し込んでおこうかな?
そう思っていませんか?
これは大きな間違いです。

 

利用実績もないのに、いきなり高額な借り入れを申し込んでくる人に
プロミスが希望通り融資してくれると思いますか?

 

よほどお金に困っている人とみなされて
審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

 

仮に必要な額より多く融資が可能となっても借り過ぎにつながる危険性が高いです。
そもそも、初めての契約で融資可能額が50万円を超えることはまずありませんので
申込み時の借り入れ希望額は必要最小限の金額を申告しましょう。

 

必要な分だけ借りて返済、また必要になったら借りて返済、
これを繰り返して信用をつける以外に融資額を増やす方法はありません。

 

 

 

 

2.申込み方法について知りたい!

次に、申込み方法について。
どうやって申込めば簡単?プロミスの店舗に行かなくても申込みができるの?
など様々な疑問があると思います。

 

申込み方法はいくつか用意されており
その人に合った方法を選択することが可能です。

 

電話が苦手な人、誰にも会わずに済ませたい人など
各自に会った方法で申込みして下さい。

 

 

2-1.申込み方法は5種類

 

借り入れ希望額が決まり、必要書類が揃ったら、いよいよ申込みです。

 

では、実際の申込みにはどのような方法があるのでしょうか?
申込み方法は大きく分けて以下の5種類です。
面倒な手続きを省略したい!という人は
この中から自分に合った方法で申込みをして下さい。

 

@電話での申込み
A店舗窓口での申込み
B自動契約機での申込み
C郵送での申込み
Dインターネットでの申込み

 

 

2-2.電話での申込み

 

1つ目は電話での申込みです。
プロミスコールという専用のフリーダイヤルが用意されているので
そこへ電話してオペレーターからの質問に回答して下さい。

 

受付時間は9:00〜22:00で土・日・祝日も申込み可能です。
また、女性専用ダイヤルのレディースコールも用意されています。

 

実際に電話して、どのようなことを聞かれるのか不安であれば
まずプロミスのホームページでWeb申込みのお客様情報入力ページを
見てみましょう。

 

氏名や生年月日、住所、勤務先、年収など、おおよその内容は把握できます。
この時、「お金を何に使うか?」ということは必ず聞かれますので
「車の修理代に必要」、「冠婚葬祭で必要」など
はっきり答えられるようにしましょう。

 

審査に通ったら、店舗に出向いて契約するか、郵送での契約かを選択して下さい。

 

 

2-3.店舗窓口での申込み

 

2つ目はお客様サービスプラザ(店舗窓口)で申込みをする方法です。
店舗スタッフから審査に必要な項目を聞かれますので、正確に回答して下さい。

 

お客様サービスプラザの受付時間は平日のみ10:00〜18:00です。
一部店舗では平日20:00まで、土・日・祝日も10:00〜18:00まで
営業していますので、最寄の店舗の営業時間を調べてみましょう。

 

審査に通ったら、その場でプロミスカードを発行してもらえ
すぐにキャッシングが利用できます。

 

店舗に出向いて申込みする場合は、必要書類を忘れず持参して下さい。
また、身なりや言葉遣いにも十分注意するよう心がけましょう。

 

 

2-4.自動契約機での申込み

 

3つ目は自動契約機による申込みです。
プロミスの自動契約機、もしくは三井住友銀行ローン契約機で手続きがができます。
受付時間は
プロミス自動契約機が9:00〜22:00
三井住友銀行ローン契約機が9:00〜21:00で
土・日・祝日も受付可能です。

 

自動契約機まで出向く手間はかかりますが、誰にも会わずに申込みができます。
実際の操作方法もタッチパネルで難しいものではありません。
必要書類などはスキャナーで読み取ればOK。

 

もしも操作方法が分からない場合は、設置してある電話機でオペレーターの指示を仰ぎましょう。
審査に通れば、すぐにカードが発行され、キャッシングの利用が可能です。

 

 

2-5.郵送での申込み

 

4つ目は郵送での申込みです。
インターネットが苦手で誰にも会わずに契約したい!
という人には向いているかもしれませんが、手間と時間はかかります。

 

まず、申込書を自動契約機や店舗窓口まで取りに行かなくてはなりません。
もしくは、インターネットの申込書請求で取り寄せる。
届いた申込書に必要事項を記入した上、本人確認書類など
必要書類のコピーと一緒に郵送します。
審査に通ると契約書類とプロミスカードが
「事務センター」という差出人で郵送されてきます。

 

申込書を取りにいく手間や郵送して審査を待つ時間などを考えると
あまりお勧めはしません。
また、実際の融資までの時間もかかるので
すぐにお金を借りたい人には向きません。

 

 

2-6.インターネットでの申込み

 

最後にインターネットで申し込む方法です。
まず、プロミスのホームページで
「新規お申込み」「お申込み入力へ進む」とクリックしていき
「お客さま情報入力」ページで必要事項を入力して下さい。

 

インターネットであれば、受付は24時間365日なので、時間や場所に関係なく申込みが可能です。
また、契約の手続きは「Web」「来店」かを選択でき、Web契約の場合は店舗に出向くことなく全ての手続きが行えます。
借り入れ可能額の連絡もメールか電話から選択でき、カード発行の可否も選択できます。

 

つまり、申込み〜契約までインターネット上で完結し、カードを発行しなければ郵送物もありません。
パソコンやスマホが1台あれば、お金を借りることができるのです。

3.おすすめは断然ネット申込み

プロミスでキャッシングを利用するための申込み方法は、5種類ありますが
おすすめは断然インターネットでの申込み。

 

その理由は大きくわけて3つあります。

 

まず1つ目は、時間や場所を気にせず申込みができる点。
インターネットなら24時間365日受付していますので、外出先からでも申込みが可能です。

 

2つ目は手間や時間が省けるという点。
店舗窓口や自動契約機に出向く、あるいは申込書を取り寄せて郵送する。
こういった手間や時間を省略し、スムーズに申込み手続きが完了します。

 

3つ目は勤務先や家族にばれる可能性が低い点
他の申込み方法でも、勤務先への在籍確認の電話やプロミスカードの郵送を避けることは可能です。

 

ただし、カード自体を発行せず利用できるのはインターネット申込みだけ。
財布に入れていたカードをうっかり同僚や家族に見られてしまう...といったことも避けられます。